カテゴリー

釣りの服装

カテゴリー

釣りの服装に需要なのは、

  • 季節に合わせた選択
  • 機能性
  • オシャレ感

の3つ。

「ちょっとしかやらないから何でもいいや」とか、

「まぁ、ナントカなるでしょ」と思っているとせっかくの釣りが楽しめないばかりか、大事になってしまうことも。

特に重要なのが、季節に合わせた選択。

とはいっても、はじめての釣りだと、なかなか「釣り人の格好」のイメージが沸かないと思います。

変な格好をして浮いてしまうのもイヤですし、場違いな格好もイヤですよね。

そこで、初心者の釣りに最低限必要、またはあると便利な服装や持ち物をまとめてみました。

基本の服装

釣りの服装で最も気を付けなくてはならないのが、

  • 極度の日焼け
  • 雨で濡れる
  • 寒さ
  • 熱中症
  • ケガ

と、体調を崩すレベルの危険を避けることです。

そのため、夏であれば

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • レインウェア
  • 長袖と長ズボン

は持っておきたいです。

冬は、

  • ジャケットやウインドブレーカーなどの防寒着
  • ヒートテックやセーターなどの防寒着
  • 帽子
  • 手袋

といった服装は必須です。

 

釣りのサンダルって迷いますよね。

テトラや堤防での釣りは、とにかく滑らないのが重要。

堤防やテトラは荒いコンクリで作られているので、コケると即出血です。

そこで滑りにくいサンダルを探すのですが、コレがまたしっくりくるのがなかなか無いんですよね、、、。

そこで今回は、以前から気になっていた”KEENのニューポートH2″を試してみることにしました。

コレ、おすすめです。

ダイワのトーナメントライフジャケットが40%OFFだったので購入。

海の餌釣りのライフジャケットと言えばコレですよね。

ガチ感満載です。

「トーナメント」ラインナップはダイワの中でも最新の技術と素材を使った製品ラインナップになっていて、竿、リール、道具類、アパレルと釣り具全般に展開しています。

今回購入した、「トーナメント バリアテック® サイバーフロート – DF-3007T」は、そのトーナメントラインのライフジャケットになります。

そもそも定価が43,500円と高額なライフジャケットだったので買う気は無かったのですが、あまりにも安かったので買ってしまいました。

今までは釣り用ではない、普通のキャップで釣りをしていたんですが、釣り人っぽく釣りメーカーロゴのキャップにしてみました。

竿とリールがDAIWAなのでなんとなくDAIWA製品が増えていくんですが、全身DAIWAも、、、なんですよね。笑

で、釣りに使う帽子ってどんなのが良いんだろうというのも含めていろいろと調査してみたのでまとめます。

磯デビューすることになったので釣り用の靴を購入。

周りの釣り先輩の話では

  • フェルトソール
  • スパイク

の付いた靴が良いということだったので、ネットで検索して見つけたのがこの釣り靴。

ソルトウェーディングシューズ SW-2500
ソルトウェーディングシューズ SW-2500

今までは

  • 防波堤
  • テトラ
  • 地磯

しか行ったことがなくて、沖磯は初めてだったんですよね。

結論から言えば、値段と見た目を考えると、初心者にはまぁ、ありかな、という感じでした。